貧困と格差は一層顕著になってきています。特に子供や若者の未来が危機的です。許されることではありません。東北大震災では被災者本位の復興にはなりきれていません。原発事故にしても東電に免罪符を与えず、責任を明確にして保障問題を解決することです。この際、憲法の理念を高く掲げて、現状の日本の雇用も社会保障もさらには教育問題にしても実態を深く解明して、所得の再分配機能は破壊され、セーフテイネットも全くないに等しい現状を打破していくことです。その先駆けになることをこの”基本法”がなっていくことを期待します。