社会保障制度を改悪し続ける国に未来はありません。誰もが安心して暮らせる国にするため、憲法第25条や第13条を、暮らしに活かすことが必要だと考えます。