企業(事業者)がさまざまな形で社会保障負担を脱法的あるいは反合法的に免れていることに対し、それを国・公共団体が強制的に是正する責務を明文化することが大切と思う(特に社会保障財源の確保からして)。