社会保障基本法案をここまで具体化された皆さんの努力に敬意を表します。日本は今、社会保障のネットがぼろぼろになって「すべり台社会」化していると感じています。考えてみれば、今まで一度も、まともな福祉国家として立っていなかったのだと思います。厳しい時期だからこそ、このような発想の転換(攻めの姿勢)が必要なのだと思います。