社会保障は政治の中で一番に考える基本中の基本として置くべき重要な事柄です。
 その社会保障を軽視している政治は本来の姿ではなく、その事に疑問を持たない多くの与党議員は国会議員として相応しくありません。
 政治の基本を取り戻すために「社会保障基本法」は必要であり、今まで立法化されていなかったことがむしろ不思議であり、国会議員の怠慢であったといえます。是非「社会保障基本法」を成立させ本来の政治を取り戻すべきと考えます。